学校案内

メッセージ

過去から未来へ。

理事長 上野 雅子

本校は兄弟校である東京高校の50周年を期してこれからの社会は実力養成の職業教育が必要との考えのもとに併設され、後に東京実業高校として独立し、多くの卒業生を輩出しています。当初の目的通りに、卒業生達は独立独行の精神で事業を起こす立派な人材が育ってくれています。
また、近年では電気科ゲームITコースが新設され、理系の勉学にも力を入れて現代社会に対応する人材育成を目指しています。
大正・昭和・平成と時代の移り変わりと共に教育も又、その時代にそった指導力が大切との考えのもと、これからも社会に適応できる柔軟な人間形成を育む教育を目指し、頑張っていきたいと思います。

東実の精神
東京実業高校の校訓は「不撓不屈」の精神です。意志が強く心がくじけたりひるんだりせず、踏まれたり、摘まれたりしても負けずに生きる雑草のごとく強い人間を育て、社会に出ても役に立つ人材を送り出す教育を建学の信条にしています。天然資源の乏しい日本にとって人材こそが宝物という考えのもと、カリキュラムの豊富さも魅力となっています。

新しい校舎と、温かい人と、3年間。

学校長 知念 義裕

新たな個性と能力を発見しながら理想の自分への一歩一歩。

大きな夢を描いてみよう
若さは無限の可能性を秘めています。一歩、いや、半歩でもいい、前に踏み出す勇気を持ちましょう。自分の殻を破り、新しい自分づくりに挑戦する大切な一歩、そのつま先の延長線上に君の望む未来は広がっているのです。無限の可能性に向かって、東実という名の大地に勇気を持って踏み出しましょう。
未来の自分から今を考える
未来の自分がタイムトラベラーとして現代にやって来たのだと想像してみましょう。未来の理想の自分から今の自分を見れば、もっとどこを伸ばせばよいのかわかる筈です。未来を見据えた広い視野から生涯の夢を思い描くこと、そしてそこに向かって学びを深めることを通して、東実で夢を現実にする力を手に入れてください。
東実学
東実で学ぶ。実学を学び、真の人間性を追求する東実学。本校での3年間は世の中に出る準備期間という意味だけではなく、現実の社会と密接に繋がりながら成長していく日々です。大切なことはいつでも、どこにいても、何をしていても大切にする。親和誠実、不撓不屈。学びの志がここにあります。

TOP